教育

「末日」という言葉は何を意味しますか?

ジャレッド・アングル著

「末日」という言葉の意味は、「終わりの日」について語った使徒や預言者の聖書の記述を指します。私の理解では、末日聖徒イエス・キリスト教会は、私たちが現在生きている時代は「末日」、つまり主の再臨の直前の時代(または時の神権時代)であると信じています。旧約聖書の預言者ヨブや他の多くの人々は末日について次のように語っています。「わたしは、わたしを救い出す者が生きておられ、末の日に地の上に立つことを知っているからです」(ヨブ19:25も参照)創世記 49:1; イザヤ 2:2; テモテ第二 3:1-7; ペテロ第二 3:3-7)。

自分が「末日」にいるとどうやって分かるのでしょうか?

聖書中の預言者たちは、イエス・キリストとその使徒たちの死後、大規模な背教、つまり真理から背を向ける時代が来ると預言しました。主の使徒パウロはこう言いました。「わたしは知っています、わたしが去った後、群れを容赦せずに、恐ろしいオオカミがあなたたちの中に入るでしょう。また、あなたがた自身からも人々が立ち上がって、ひねくれたことを言って、弟子たちを引き離すであろう」(使徒行伝20:29-30)。もう一人の預言者であるアモスは、イエス・キリストの教会の背教について次のように語っています。 (アモス 8:11; イザヤ 29:10,13; 60:2; マタイ 24:24; ガラテヤ 1:6; テサロニケ第二 2:3; テモテ第二 2:18 も参照) ; 3:2-5; 4:3-4; ペテロ第二 2:1; ユダ 1:4; 黙示録 2:2)。私自身の研究でわかったことですが、やがて、人々は、キリストが地上におられたときに確立されたイエス・キリストの福音の原則を汚し、バプテスマや受洗などの教会組織や神権の儀式を無許可で変更しました。聖霊の賜物。私の理解では、この広範な背教の結果として、主は神の力と権威、つまり神権を地球から撤回されました。 

私の研究を通じて、イエス・キリストが末日に回復された福音を再び地上にもたらすと約束されたことを知っています。それは、主の教会が預言者、使徒、神からの霊感、そして神が地上におられたときに持っていた適切な権威をもって再建されることです。ペテロは、「世が始まって以来、神がすべての聖なる預言者の口によって語られた万物を回復する時」が末日にどのように来るかを教えました(使徒3:21)。パウロはイエス・キリストに言及して次のように教えました。彼の中にさえ」(エペソ1:10)。私の目には、これらの預言者は二人とも、キリストが末日に再び福音を確立されると古代に証言したように見えました。私の理解する限り、回復されたイエス・キリスト教会の会員は、そのようなイエス・キリストの福音の回復はすでに始まっていると信じています。

末日聖徒は、1820年にジョセフ・スミスという名前の少年がどの教会に参加すべきかを知るために木立の中に入って祈ったと信じています。彼の祈りに応えて、天の御父と御子イエス・キリストが彼の前に現れ、福音の充実がやがて彼を通して再び地上に回復されるだろうと言われました。天の御父とイエス・キリストの指示の下、ジョセフは預言者、使徒、適切な権威、そして神からの霊感を地上に再確立することによって、イエス・キリストの福音の完全性を回復しました。イエス・キリストの真の教会が再び地上に存在し、世界が始まって以来、神のすべての聖預言者が語ってきた末日の時代であることを私は知っています。 

Stained glass depicting the First Vision that Joseph Smith had of seeing Heavenly Father and His son, Jesus Christ.

「末日聖徒」とはどういう意味ですか?

新約聖書では、聖人はバプテスマによって神と契約、つまり双方向の約束を結び、神の教会の会員となったすべての人々を指します。私の理解では、聖人は今でもイエス・キリスト教会の忠実な会員であるとみなされます。使徒パウロは、私たちが集団で神と約束を交わすとき、私たちは「もはやよそ者や外国人ではなく、聖徒たちと同じ国民であり、神の家族の一員となるのです。」と教えました。そして使徒と預言者という土台の上に建てられており、イエス・キリストご自身がその主要な礎石である」(エペソ2:19-20)。古代にイエス・キリスト教会の会員であった「古代の聖徒」がいるのと同様に、末日のイエス・キリスト教会の会員である「末日聖徒」も同様です。私が学んだように、イエス・キリストはご自身の声と預言者の言葉を通して、末日に再び来られると繰り返し言われました。使徒パウロは、イエス・キリストが「その日には、その聖徒たちの中で栄光を受け、(あなたがたの間での私たちの証しが信じられたので)その日、信じるすべての人々の中で賞賛されるようになるであろう」(Ⅱテサロニケ1:10)と教えました。教会員は主が末日聖徒イエス・キリスト教会の頭であることを理解しています。この末日において、キリストの福音は再確立され、預言者、使徒、神の力と権威、そして天の御父からの霊感を通して、さらなる光と真理を得ています。ジョセフ・スミスを通して、イエス・キリストが古代に定めた教会が地球上に再設立されました。

コメントを残す

あなたのコメント
すべてのコメントは管理のために保留されます。

ja日本語